タレント養成所とは、名前の通りに芸能人を育ててテレビなどに出演させるためのものですが、専門学校とは少々異なっています。芸能人になるためには、この養成所に通うことが多いでしょう。では、専門学校とタレント養成所ではどこが異なっているのでしょうか。専門学校というのは、芸能事務所が運営しているわけではないので、卒業したからと言って必ず芸能人になれるとは限りません。また、所属事務所も決まっているわけではないので、オーディションなどを受ける必要があります。

それに対してタレント養成所の場合には、事務所が運営をしているので、所属した時点で芸能人ということになります。そのため、自由に事務所を選ぶことはできませんが、後でオーディションなどを行う必要がなくなります。このようにどちらも一長一短があるのですが、行っていることにそれほど大きな違いはありません。また、目的も双方では異なっていると言えるでしょう。専門学校は能力を付けることを第一としているのに対して、タレント養成所は売れることを第一にしています。

専門学校はしっかりと能力を身に付けられますが、デビューするまで大変になることも多いでしょう。タレント養成所は売れるかどうかは別にして、すでにデビューしてから能力を身に付けていくので、どのように売っていくのかが重要になります。当サイトではタレント養成所で行っている内容や特徴などをお知らせし、タレントを目指している人の参考になればと考えています。